模型作成

今回は簡単に模型作りについて紹介しようと思います。
GW中にあるプロジェクトのプレゼン資料としてインテリアの模型を作ったので、そこの中から紹介します。
模型のスケール(縮尺)は様々ですが、住宅なら1/100~1/30程度のものが多いです。ちなみに今回は1/30の模型を作りました。
[※補足:1/100とは1mを1cmに縮小(1000mm×1/100=10mm)、1/30とは1mを約33mmに縮小(1000mm×1/30=33mm)]
模型を作成する為には、まず各パーツの図面(型紙)を作成して、それを元に切り出します。材料はスチレンボードという発泡スチロールを紙でサンドイッチしたボードを使う事が多いです。下の写真が各パーツを切り出した状態です。これだけでは良く解りませんね。
模型02
その後スチのりという専用ののりを使って接着作業を進めていきます。
作る模型は白い模型が多いですが、色が無いのは、建物そのものの形状をよく理解する為、光や影などの自然現象を確認する為、実際に使う材料による先入観をなくす為です。なるべくニュートラルな状態にしておくことで、残された可能性を広げる為とでもいいましょうか。今回の模型のように木の風合いや植栽、人や家具などを入れて雰囲気を作ることもあります。下の写真は完成後ライティングしながら撮影した写真です。いかがですか?遠近感がわかりますか。
模型01
さあ、この模型の運命やいかに!?
スポンサーサイト



PROFILE

suke

岐阜を拠点に丁寧に素直に住宅の設計
家づくりをしています。
suke blogではスケナリダイシュウの
日々を徒然と書いてます。

祐成大秀建築設計事務所HP
TOP
WORKS
PROJECTS
PROCESS
PROFILE
CONTACT

CALENDER
04 | 2011/05 | 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORIES
LINKS
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
BLOG RANKING

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村

TAGS

リノベーション 平屋 店舗 自然塗料 メンテナンス パッシブ ウッドデッキ 名古屋 設計料 相談 プラン DIY 2世帯住宅 リフォーム ストリップ階段 階段下収納 ハイサイドライト 土地探し DIY 

SEARCH FORM
RSS LINKS