伝統とアート

110609-7.jpg
先日、一位一刀彫の彫師の友人からお店「木の風」をオープンするとの連絡をもらったので、オープン2日目早速行ってきました。場所は飛騨高山の上一之町にあります。実際に友人の作品をまじかで見るのは初めてでした。やはり一刀一刀手仕事により彫られた作品を見ていると、細かい細工や技にも関心しきりなのですが、作品そのものに彫った人の人柄が出ているような、そんな感じも受けました。
110609-4.jpg110609-5.jpg
上の作品「玉取り獅子」は獅子の勇ましい表情や、荒々しい姿を見事に彫り上げているのですが、玉の部分も感動です。外のかご状の玉の中にもう一つまん丸な玉がコロっと入っているのです。この玉は後から入れたわけでなく、彫刻刀で彫りあげているのだそうです。ビックリです。ちなみにこの作品を完成させるのに2年近くかかっているそうです。
110609-3.jpg110609-6.jpg
他にも木の年輪を水の波紋に見立てたり、木の赤太と呼ばれる赤い部分と白太と呼ばれる白い部分を利用して彫り上げる作品もあります。この色の具合などは、彫り出す前にある程度は想像ができるそうです。当然なことなのかもしれませんが、想像力や木のことを知った上での観察力が必要であり、それを生かして彫り上げていく技術が伴っていなければできない仕事であり、すばらしい仕事です。ただ、技術や想像することは修行や多くの経験によって体得できる技なのでしょうが、そこにオリジナル性やデザインが加えられなければ作品とは成り得ません。彼の彫る作品の多くは、このオリジナルなデザインを大切にしており一位一刀彫のもつ伝統工芸品という古き良き伝統を守り、伝えていくだけの工芸品とはちょっと違うアート性を感じます。伝統アートとしての一位一刀彫、彼の新たなスタートに大いに刺激を受けた一日となりました。
110609-1.jpg

木の風

住所 岐阜県高山市上一之町26
TEL 0577-36-0380
谷口彫刻工房 TEL 0577-33-1008
スポンサーサイト



PROFILE

suke

岐阜を拠点に丁寧に素直に住宅の設計
家づくりをしています。
suke blogではスケナリダイシュウの
日々を徒然と書いてます。

祐成大秀建築設計事務所HP
TOP
WORKS
PROJECTS
PROCESS
PROFILE
CONTACT

CALENDER
05 | 2011/06 | 07
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
CATEGORIES
LINKS
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
BLOG RANKING

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村

TAGS

リノベーション 平屋 店舗 自然塗料 メンテナンス パッシブ ウッドデッキ 名古屋 設計料 相談 プラン DIY 2世帯住宅 リフォーム ストリップ階段 階段下収納 ハイサイドライト 土地探し DIY 

SEARCH FORM
RSS LINKS