スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎふの木の勉強

現在、岐阜県県産材流通課が認定する木造住宅アドバイザー養成講座なるものを受講しております。簡単に言うと県産の木材を使って住宅を提案できる人材を養成しましょうというものです。全日程4日間あり、先日3日目の現場研修に行ってきました。

↓丸七ヒダ川ウッド(製材工場)
g01.jpg

↓東濃ヒノキ白川市場(原木市場) 
 樹齢100年にもなる杉や桧がゴロゴロと迫力あります。
g04.jpg
g02.jpg

↓東濃ひのき製品流通(乾燥・強度表示施設 プレカット工場)
g05.jpg

岐阜には東濃桧や長良杉というブランド材があります。
今回の講座での記録として
・梁には使えないと思っていた杉が機械等級区分すると実はベイマツより基準強度がある。→杉も梁桁として利用できる。
・心材(赤身)は耐腐朽性があり、辺材(白身)は曲げ応力に耐える。→梁として利用できる。
・自然に生じた一面割れは、割れているほど剛性、強度があることが確認されている。
・乾燥材の必要性:重量減少による輸送及び取扱の容易性、製品の狂い減少、変色及び腐朽の抑制、木材の強度諸性能の向上、施工後のたわみ抑制→ただし人工乾燥材でも常時ストックされている製品ではないので、1ヶ月~2ヶ月の納材計画を設計開始段階から計画する必要がある。
などなど、まだまだ学ぶことがたくさんあります。

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

suke

岐阜を拠点に丁寧に素直に住宅の設計
家づくりをしています。
suke blogではスケナリダイシュウの
日々を徒然と書いてます。

祐成大秀建築設計事務所HP
TOP
WORKS
PROJECTS
PROCESS
PROFILE
CONTACT

CALENDER
05 | 2019/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
CATEGORIES
LINKS
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
BLOG RANKING

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村

TAGS

リノベーション 平屋 店舗 自然塗料 メンテナンス パッシブ ウッドデッキ 名古屋 設計料 相談 プラン DIY 2世帯住宅 リフォーム ストリップ階段 階段下収納 ハイサイドライト 土地探し DIY 

SEARCH FORM
RSS LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。