スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕込みが大切

K HOUSEの現場、順調に進んでおります。外部は外壁のガルバリウム鋼板を張っていますが、こちらは養生シートの中なのでしばらく写真はお預け、今日はズームインした写真です。建具枠や巾木などが取り付けを待っています。あまりの数で監督さんも発注したのか、現場に到着していないのか、納品書とにらめっこしてました。届いている材料は安心して下さい、すでに加工してますから!仕込が大切です。
R0022485_R.jpg
次はハハハ、階段のササラと言われる段板を受ける材料、本日到着したばかりで取り付けが待ち遠しいです。工場での加工は済んでいますが、接続する部分は現場の状況を確認しながら施工図との違いはないか、より綺麗に確実に納めることはできないか、最後の仕込みを大工さんにお願いします。出来上がりでは気付かないかも知れないですが、仕込が大切です。繰り返しました!
R0022484_R.jpg

テーマ : 建築デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

タイル確保!

現場:「タイルの在庫がありません!」
私:「えっーまいったなー、以前お施主さんに選んでもらった候補タイルから、再度選んでもらうか!?」

ちょっとまて...すでにこのタイルも在庫がないかも、ということでメーカーに問合せ
ついでに在庫がないというタイルも確認...すると、なんと、

メーカー:「在庫が無いといっていたタイル、残り7シートだけですが在庫あります。」

(えっ何!どこに隠しておいたんだ、誰に確認したんだ!?、まあいいあればいい)
私:「タイル3シート確保で!」

住宅ではタイルを貼る面積はわずかですが、そこに込めたお施主さんの思いは大きいのです。今回は在庫のタイルがあってよかった。
R0022437_R.jpg
写真は今回採用されなかったタイル達です、こうしてみているだけでも楽しい気分になります。

テーマ : 建築デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

心臓部「ブンデンバン」

住宅の心臓部ともいえる分電盤
配線がたくさん重なっている先が「バン」です。
R0022411_R.jpg
配線の集中する箇所や、配管の通る箇所はなるべく断熱層とは別に設置します。そうすることで、断熱の欠損も少なく、配線や配管の施工もしやすいからです。

テーマ : 建築デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

気密測定

K HOUSEは高気密高断熱の仕様で設計をしています。設計上の性能を発揮するには、現場の施工がとても重要です。断熱と気密これはどちらか一方のみができているだけでは、性能を発揮しません。断熱はセーターのような物で、風がなければ暖かいのですが、風が吹くと風が通り寒いです。だからウィンドブレーカーのような物で風を遮断する必要があり、それが気密となります。気密工事は、窓周りや壁や床、天井の端部、コンセントボックスなどの細かな処置と丁寧な施工の積み重ねが大変重要です。

今回は気密性能を確認するために気密測定を実施しました。測定には写真のようなバズーカーのような機器を使います。簡単に説明すると室内の空気を外に送り出すと、隙間から空気が入ってきます。その時の内外の圧力差から隙間面積を割り出します。
測定の目標値は1.5cm2/m2 これは1平米あたりの隙間を表しています。小さいほうが隙間が少ないことになります。また以前あった国の省エネ基準では北海道・東北などの地域で2.0cm2/m2なので、それよりも気密性が高いことになります。

さあ、いざ測定...結果は2.0cm2/m2、決して悪い数値ではないのですが、目標値に達していないので現場に緊張の空気が張り詰めます。その後、玄関が木製建具なのですが仮に合板でふさいでいる箇所からの漏気が大きいのを見つけそこをふさぎ、他の小さな気密シートの破れも処置をして計測すると...

相当隙間面積C値1.5cm2/m2  クリアです!
監督さん大工さんの表情も晴れやかになりました。気密よしっ!


目に見えるデザインはもちろん、室内の温熱環境もデザイン(設計)しています!!

テーマ : 建築デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

8月の現場より

R0022240_R.jpg
上棟後、内部の工事は金物設置、中間検査を経て断熱気密工事、造作工事と着々と進んでいまが、外部の定点からの様子はご覧の状態。しばらくは養生シートのベールに包まれます。
先日はお施主さんもご一緒に現場を見学、上棟の1ヶ月前にご出産されたばかりとあって、現場を確認してもらうのは、実ははじめてでした。小さな赤ちゃんとも初対面できて、うれしさ倍増、やる気倍々増です、頑張りますよ!

テーマ : 建築デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

PROFILE

suke

岐阜を拠点に丁寧に素直に住宅の設計
家づくりをしています。
suke blogではスケナリダイシュウの
日々を徒然と書いてます。

祐成大秀建築設計事務所HP
TOP
WORKS
PROJECTS
PROCESS
PROFILE
CONTACT

CALENDER
05 | 2019/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
CATEGORIES
LINKS
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
BLOG RANKING

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村

TAGS

リノベーション 平屋 店舗 自然塗料 メンテナンス パッシブ ウッドデッキ 名古屋 設計料 相談 プラン DIY 2世帯住宅 リフォーム ストリップ階段 階段下収納 ハイサイドライト 土地探し DIY 

SEARCH FORM
RSS LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。